« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

ぉぅぃぇ♪

いや~、まさか恵美ちゃんが好きなものシリーズに乗ってくるとは^^

これはシリーズ化決定か?(え?)

まぁ、ネタがある内はやってみようかなって^^ 皆さんも色々と好きなものはあるものですものねw 順位を付けるとなると難しいですが^^; なので、僕は基本的には好きなものシリーズに順位は付けない(予定)^^v

さてさて、それでは今回は・・・

やっぱり、小説ときたので、コレでしょう!!

ズバリ!!! 『マンガ』 これはきっと好きな人もイッパイいるはず♪

では! いってみよ~~~p>ω<q

①山口貴由 『覚悟のススメ』 まぁ、知ってる人てあまり居ないかもしれませんが、アクション・マンガですね^^ 何が良いかって、キャラが凄い!正に『凄い』って言葉がピッタリ♪そして、そのキャラクター達が喋る台詞がまた良い!! その中でも好きな台詞は、やっぱり、きめ台詞の『当方に迎撃の用意あり!』その他にも『雑草などという草はない!』『当方に人間の尊厳あり!』  はっきり言ってコレだけじゃ何だか分かりませんよねw

②荒木飛呂彦 『ジョジョの奇妙な冒険』 これは知名度もあるかと・・・^^; ちなみに僕が好きなのは、第1部なのですがw これもやっぱりキャラがいいw そして何よりコマワリ、擬音、ポーズの大胆さ♪ そして一番は、悪が悪として一環しているって事ですね^^ 悪の美学!! 最終的に悪党も改心してしまうという設定が多い中、このマンガの悪は、一切改心せず♪ これが最高!!

③佐藤秀峰 『ブラックジャックによろしく』 医療マンガなのですが、このマンガ読んでて医者に対する思いってのが変わりました^^; 医者って怖い^^; 人間的にね^^; まぁマンガですから誇張されてる部分もあるのでしょうが、このマンガの出現以降、日本の医療機関の改変もあったらしく・・・誇張も少ないのかなって・・・こわ! それから、病気に対する偏見などもチョットは自分の中で変わったように思えます。

④吉田秋生 『BANANA FISH』 連載されてたのは少女マンガの雑誌だったのですが、正直・・・え!?この内容で少女マンガってほど、ハードな内容です♪ ジャンルに分ければクライム系になるのかな? 個人的には連載当初の絵が好きでしたが、十年近く連載されてた作品なので、絵はかなり変わってます^^ この後に続く『YASYA』『イヴの眠り』には、ちょこっと、BANANA FISHのキャラも出てきて感激w 人の執念って怖いなって思える作品ですw 無償の愛(友情)ってのもw

⑤吉田聡 『湘南爆走族』 これ、最高ですよw まぁ今はあまり見かけなくなってしまいましたが、暴走族マンガです。ちゃっかり青春グラフティーですがw これも、それぞれキャラがいい♪ そして、暴走族を題材にしているだけあって、チーム同士の喧嘩のシーンとかもありますが、そういうものの間に入ってくるギャグ的要素も良い緩急をつけてくれてます^^v

マンガなんて、、、って思うかもしれませんが、意外に面白いのっておおいですよね♪

ただ最近思うのは、連載当初は面白いと思ったものが、回を重ねる毎にツマラナクなって行くケースが多い^^; これは寂しいですね(T T) そんな中でもず~っと面白いのもありますがw

その他にも好きなマンガの羅列~~♪

桂正和 『ウイングマン』~ヒーローに憧れて、そして本物のヒーローに!! ちょっと、ドジで間抜けなところがGOOD♪ 女の子の絵が凄く良かったw

車田正美 『風魔の小次郎』~木刀って・・・ガクランって・・・でも憧れたな~♪  『男坂』~未完で、おわってしまいましたが・・・コブシ一つで世界を獲る・・・すげ~~!!(喧嘩ですよ)  『聖闘士☆星矢』~クロスに憧れた♪そしてあの派手な必殺技!! なぜクロスを脱ぐと強くなるの??最初から着けなければいいじゃんってw そしてクロスのヘッドパーツはすぐ取れるw(頭を守るものは大事だよw)

皆川亮二 『スプリガン』~オーパーツをネタに古代遺跡やら、なんやら♪特殊部隊がガンバリマスww 基本は、短編集みたいな感じですが、最終的に・・おぉ!!ってなりますw ボー・ブランシェってキャラが良い♪ ちなみに・・・この皆川さんのマンガの『ARMS』ともにそうなのですが、最強なのは『親父』・・・読めば分かりますw

森川ジョージ 『はじめの一歩』~まだ連載中なのですが、ず~~~っと面白いボクシングマンガw 試合と試合の間のお話(エピソード)が最高!! 鷹村VS ブライアン・ホーク戦はすごい良かったww

さらにさらに、羅列!!

『ベルセルク』『ONE PIECE』『バキ・シリーズ』『スラムダンク』『あこがれアドベンチャー』『七色マジック』『BASARA』『キジトラ猫の小梅さん』『逮捕しちゃうぞ』『特攻の拓』『雷火』『寄生獣』『タッチ』『ふくふくふにゃ~ん』『金田一少年の事件簿』『ミナミの帝王』『アカギ』 etc・・・

でも良く考えて見ると、面白いって思うものはストーリーもそうなのですが、キャラが良いのがおおいですね♪

これは、どんなものなのでもそうなのでしょうw 映画だって映像が凄い!!って言われても、キャラがしっかりしてなければ・・・ストーリーがよくなければ・・・・最終的に、え!?それで!?ってなってしまいます^^

舞台だってそうですよねw

芝居屋の舞台。。。それぞれの人生。。。役者として、そこに居る!!

これだ!!!

さてさて、次回の好きなものは、何にしようかな(笑) ←まだやるんかいw

リクエスト受け付けますよ(ォィw)

以上♪ 家村でしたww  

  

| | コメント (0) | トラックバック (6)

暑いなあ

そして、本番一ヶ月をきった芝居屋稽古場は、熱いっす。

芝居中、人の肩をたたけば、ぬるっ。すれ違えば、べとっ。

汗まみれ。

頑張れ、あたしたち。そして燃えろ、あたしの体脂肪・・・

夏バテと無縁の、恵美です~~

はいっ、というわけで~

突然ですが、家村氏のシリーズ化に参加。

私の好きな物、小説編(だっけ?)

あたしが本を読むようになったのは、本当にここ最近の話で・・・

初めて自分で買った小説は多分「模倣犯」・・・5年前くらい?

その前に買ってもらった本が小学生の時の「くまの子ウーフ」?

そんな、活字慣れやっとし始めた程度のあたしですが、好きなのは時代物かなあ?そんなにたくさん読んでるわけじゃないけど。山本周五郎と、宮部みゆきの時代物が特に好き。

山本周五郎は、女性をすごく強く美しく書いてる。女性でよかった、と思ってしまうし、もっと美しく(外見でなく内面の強さとか)なりたいと思う。あと、読み終えた後の、サッパリ感。心地良さ。「休みの日に見上げた快晴」のような読後感が、どんな精神状態でも読める、元気にしてくれる。

宮部みゆきは逆になんだかリアリティがある描写が怖い。泣ける話もあるし、胸がスッキリするようなのもあるけど、「霊験おたか捕り物丁」(だっけ?)のシリーズは、怖い。「模倣犯」みたいな怖さ。精神的にくるの。大体、夢に見ちゃう。

あと、ほかに好きなのは、「はてしない物語」 みなさんご存知でしょうが、映画「ネバーエンディングストーリー」原作。でも、これも、怖い。大人になって読み返してびっくりした。でも、深い。面白い。これを読んだあとに妄想するのが楽しいんだな。で、結果そのまま夢に見ちゃう。

さあ、次はなにシリーズになるのかしら?家村氏次第で勝手にバトンを受け取ろうかと思ってます☆

あ、ちなみにあたしも「ガツンとみかん」好きです。が、あの大元であるはずの「みかんちょ」知ってる人いないかな~?みかんちょが元祖のはず!!

と、ど~でもいい事を夜中に叫んだところで、

おやすみなさい☆

明日も頑張るぞ~~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きたきたきた~~!!

って、何がって?

あれですよ!!去年の夏にも書きましたが

あの『ガツンとみかん』

コンビニ販売がスタートしました♪

コレでまた僕の中での夏がスタートですよ!って・・・梅雨はどこに行ってしまったんでしょうね?今年も水不足が心配されてますが・・・とにかく僕の中では夏開始!!

さてさて、好きなものと言えば皆さんにも色々とあると思いますが、今回は僕の好きなものシリーズをお届けします♪

先ずは第一弾!!(シリーズ化するの??)

小説編(だから、シリーズ化するの??)

僕は基本的に読書は嫌いではありません。マンガも読みますよ^^

電車の中で、ボ~っとすることが出来ず小説などをよく読んでいます。

その中から数点、僕の好きな小説をピックアップ♪

①柴田よしき著 『正太郎シリーズ』

 これは、主役は猫で推理物です(基本的に)長編が2冊 短編集が3冊でてますが、猫好きにはたまらないかと・・・猫物といえば赤川次郎氏の三毛猫ホームズ・シリーズが代表的で、その他にもリリアン・J・ブラウン氏のシャム猫ココ・シリーズなど色々ありますが、基本的に猫が主役的な位置を占め飼い主(?)がその猫が示すヒントを元に推理のきっかけを得ると言う形ですが、

 この『正太郎シリーズ』はなんと!!猫が喋ります!!喋るといっても飼い主には言葉は通じませんよ^^;

 そのほかにも色々な動物たちも出てきますが皆喋ります♪

 しかも飼い主に文句を言ったり、バカにしたり♪そして、正太郎にいたっては飼い主を『同居人』扱い^^;

 基本は推理物なのですが心温まる話や、ちょっと、ホロッとしてしまう話などもあり楽しく気軽に読めます^^

②栗本薫著 『グイン・サーガ  シリーズ』

 知ってる人はしっている(当たり前か^^;)超長編ヒロイック・ファンタジーです。

 最初の触れ込みは全100巻完結と謳われていましたが、なんと最新刊で114巻目に突入してしまってます^^;(外伝を含まず)

 長いので飽きるのでは?とおもってしまうかもしれませんが、そんなことありません♪マンガではないので一気読みとなると、大変ですが^^;

 も~これは本当にファンタジー&ヒーロー物が好きなら楽しく読めますね♪

 キャラクターもいっぱい出てきますが、それぞれに良い味出してますしwしかも1巻目に出てきたキャラクターの○○が、後々(100巻近く)の○○にでてきて、○○に・・・なんて展開が^^;ネタバレしてしまうのもなんなんで^^;

 とにかくただ長いだけではないので、楽しく読めます♪ まぁ、いつ完結するのやら・・・^^;

③綾辻行人著 『殺人鬼』

 中々どうして・・・物騒な題名の本ですが、実は僕の今まで読んだ小説の中ではBEST1なのです^^

 はっきり言って、万人にオススメできるとは思ってません・・・だって、内容は・・・エグイ!!

 題名から察する通り、人が殺されます、しかも沢山^^; その描写が・・・読んでて気持ち悪くなります、こわいです^^; でも、ただそれだけの小説(スプラッターホラー)じゃないんです!!

 これは、小説ならでは!!って思う展開が待ち受けてます。確かにジャンルとしては、怖い、肝と悪いとなってしまいますが、過去、何人かに薦めましたが、皆口を揃えて『気持ち悪くなった、怖かった』と言いましたが、最後は『すごく面白かった、やられた』って(ちなみに、男女ともにです)

 小説って、たいてい映像化、アニメ化などにされてしまいますが、この作品は無理でしょう。いや、むしろ、してほしくない!!!!!

 もし、勇気(?)があるなら、一読してもらいたいと思ってます^^

な~んて、色々ほかにも好きなのはあります。例に挙げれば

辻村深月著『冷たい校舎の時は止まる』  作者が女性なのですが、女性らしい(差別かな?僕は褒めてます)繊細な描写や、読みやすさ、優しさが良い

清涼院流水著『JDCシリーズ』  え!?マジっすか!?なビックリ&ありえない展開、笑えます^^ 最近は僕的につまらなくなってきてますが、『コズミック』『ジョーカー』はおもしろかったw

田中芳樹『銀河英雄伝説』『アルスラーン戦記』  SFとファンタジーですね^^アニメ化もされましたが、キャラが良い^^ ちなみに戦略、戦術もの(?)だったりもしますが、その戦略、戦術の基盤はやはり・・・孫子の兵法だったり^^; 面白いですがw

夢枕獏著『飢狼伝』  格闘小説^^; 小説なのに・・・格闘・・・面白いw闘いの描写など、最高ですよw ちなみに完結はしてませんw

他にも、赤川次郎著『三毛猫ホームズシリーズ』  白石一郎著『海狼伝』『海王伝』  吉田英治著『三国志』  山田風太郎著『魔界転生』  司馬遼太郎『竜馬が行く』『俄』『燃えよ剣』  隆慶一郎『影武者 家康』『一夢庵風流記』『炎の帝』  ミヒャエル・エンデ『はてしない物語』  アーサー・C・クラーク『幼年期の終わりに』『2001年』  フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るのか?』  ロバート・A・ハイライン『宇宙の戦士』『夏の扉』

他、挙げればいっぱいw

まぁ、有名どころ、無名(失礼^^;)どころ、結構ジャンルにこだわらずですw

皆さんも、これ、良いよ~♪ってのがあったら、教えてくださいww

以上、長々と・・・    家村でしたw  

| | コメント (2) | トラックバック (1)

きたきたきた~~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の稽古

はいどーもー!劇団芝居ホームページをご覧の皆様こんばんは。

基本は独りボケ×ツッコミな石口北斗でございますなんでやねん!


今日の稽古を振り返って。

今日は頭から最後まで通しました。

言葉を鼻に掛ける妙な癖が付いてしまっていたため今日は言葉をハッキリ、伝える中身にしようと思ったのですが、『まだ鼻に抜ける』と。
もっと伝えたい中身にしないと!


あと、距離の詰め方が、また無神経になってると。
その時の気持ちと照らし合わせて、相手との距離を再確認したいと思います。


『何が分かって』『何が分からないか』をもっとハッキリ!
まだ石口北斗が顔を出して来ます。
お呼びじゃないよ!引っ込んで!

あと手遊びも多かったかな…手を顔の所に持って行くのはおいらの癖なので無くさないと…。

よし!
明日も頑張るぞ!

☆今日のマーダイナー☆

今日の晩ご飯はちょっとリッチにマーダイナーで…カルボナーラとガーリックライス、大変美味しゅうございました。
カタクチイワシのマリネもさっぱりしてて旨かったです…。

嗚呼、至福。

というわけで、明日への鋭気を養いまくっている石口北斗なのでしたー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

芝居屋ホームページをご覧の

こんばんは。
梅雨入りにつき脳内カビルンルンな石口北斗でございます。

早くも六月に入り、もう幾つ寝ると本番一か月前になってしまいます。

早い!月日が経つのが早い!

焦焦焦焦らずにじじ自分のややらなければならない事を考えていいいいきたいと思思いまsu

ふがー!テンパっちゃ負け!
負けるな自分!

雲間に光る太陽の如く、煌めいていこうじゃないか!

おお、光射す大空の階段へ、いざ!足を踏み入れん!

らーららー。


頑張りますので、皆様ぜひ劇場まで足を運んで下さいませ(深々と礼)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今ある幸せ

うちの親父さまは今、葬儀屋で働いていまして、たまに手伝いにかりだされます

今日もかりだされまして、行ってきたのですが

亡くなった方は39才で喉頭ガン(?)だったそうです

ちょうど10年前、高校を卒業してすぐに僕も喉頭ガンの疑いがあるらしく1、2ヵ月の間、微熱が続き何度も血液検査を受けてました。

まぁガンではなかったので今もこうしていられるのですが(;^_^A

僕はもうすぐ29になります

今は好きな事をやって、周りには家族、友達、恋人、同じ夢を持つ仲間がいる
幸せな生活を送らせてもらってます

10年後、僕は今日亡くなられた方と同じ年になります

その時、僕はまだ好きな事をやれているのか別の道を選んでるのか

生きてるのか死んでるのか
先の事は分かりません


そう考えると、今、生きてる自分というのがとても恵まれているのだなと思いました

当たり前な事に思える事がとても貴重な事なんだと思えました

明日さえもどうなるかは分かりませんが
きっといつも通りに生活をして行くうちにこの気持ちは薄まっていく様な気がしたので日記に書きました

今生きれてる幸せ今を一生懸命生きよう

その気持ちを忘れません様に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に

どうも足達です(^O^)

今日は俺が所属している草野球チームの今年最初の試合という事で、宣伝がてら行って参りました(^^)v

俺がクリーンアップというチーム(理由は体がデカイから)

…まぁ基本的に真剣というよりは楽しむ気持ちが強いチームなんで(^o^;

そんな中でも意外とチャンスには強く、三振もほとんどしない方なんですが

実は今回、俺は去年の夏にやって以来の参加だったんですよ


やっぱり日々の精進を怠ってはいけませんね(>_<)

稽古があったんで途中で抜けたんですが、1三振1四死球2エラーとさんざんな成績(@_@;)

やはり何事も精進を怠ってはダメだなと思いましたね(;^_^A

決して年令のせいではないハズ!?


よーし本番まで後1ヵ月と10日!

怠る事無く頑張るぞ!!

今回も絶対面白い舞台が出来るんで是非是非観に来て下さいね(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日・・・

初めて稽古で通しました^^

凄かったですよ♪

何が凄かったって、皆台詞がまだきちんと入ってないので、ガタガタな通しになりましたが、なんだか面白かった♪

色んな意味で、バタバタしながらですが、初めて最初から最後まで通したので、そこで初めて色々見えてきたものもあり、距離感や、その時の状況、それぞれの立ちたい場所、関係など^^;

発見が多々ありましたw

これから、徐々に台詞も入ってきて、更に面白くなっていくと思います♪

面白くしていくのは自分たち役者の役目ですが^^

本番を是非楽しみにww

以上、家村でした^^v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈穂です☆

突然ですが、
利枝さんの美味しい料理が食べたーい!
卵焼き!卵焼き!o(^-^o)(o^-^)o

最近、風邪気味で体力がない私の訴えです☆

さぁ稽古に行ってきまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま

ただいま
ただいま
恵美祭り中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »